青汁でコレステロール対策とかできるのでしょうか

青汁でコレステロール対策

生活習慣病などに大きく関係するのがコレステロールですが、自力で下げようと思ってもなかなか下がらない事が多く、悩んでいる方も多いですよね。
コレステロール値が上がってしまうと、様々な病気のリスクにもつながってしまうため、青汁を飲んでコレステロール値を下げるようにしましょう。

 

青汁には様々な栄養素が含まれていますが、コレステロール値に関係するのは、ビタミンE、ビタミンC、SOD酵素、葉緑素、カテキン、キトサンです。
順番に見ていくと、ビタミンEは強い抗酸化作用があり、過酸化脂質を分解することによりコレステロールを減らしてくれる働きがあります。

 

ビタミンCは、コレステロールを胆汁酸へ変化させ体外に排出させる働きがあり、SOD酵素は抗酸化作用と活性酸素の働きを抑える作用があります。
葉緑素は細胞組織への成長促進作用があり、カテキンは食事中のコレステロールの吸収を抑制する働きがあります。

 

キトサンは胆汁酸になった時に再吸収せずに体外へ排出させる効果があります。
このように、青汁にはコレステロール値を下げる様々な作用があるので、1日1杯を目安に飲み続けると、コレステロール値が下がる可能性があります。

 

大正製薬のトクホの青汁

大正製薬のトクホの青汁にはどのような効果があるのでしょうか。
特に「コレステロール対策」を売り出しているこちらですが、本当に効果があるのか、特徴やメリットなどを順番に見ていきましょう。

 

こちらの青汁の中で注目すべき成分は、コレステロール値を下げてくれるキトサンです。
コレステロールの吸収を抑え、血清コレステロールや悪玉コレステロールを低下させてくれる働きがあるため、コレステロール値が気になる方にとってはもってこいの商品ですね。

 

揚げ物や脂っこいものが好き、外食が多く野菜不足が気になる、こってりした味が好きといった方は特にコレステロール値が高くなっている可能性があるので、こちらを飲んでコレステロール値をコントロールする必要があります。
加齢と共に何もしなくても上がってしまうコレステロール値ですが、善玉コレステロールであれば問題はないものの、悪玉コレステロールが増えてしまうと、様々なトラブルの原因になってしまう可能性があります。

 

トクホの青汁なので、九州産の有機大麦若葉を使用し、製薬会社ならではの安全性を誇る青汁だからこそ、誰でも安心して飲む事ができますよ。
また、大麦若葉の栄養をしっかり残しているのはもちろん、飲みやすいまろやかな味わいで、青汁嫌いの方でも比較的飲みやすいお味と言えるでしょう。

page top