青汁の選び方、何を基準にどのように選べばいいのでしょうか?

青汁の選び方、何を基準に選べばいい?

自分に合った青汁を選ぶには何を基準に選べば良いのでしょうか。
せっかく飲むなら効果がある青汁を飲みたいものですよね。
こちらでは失敗しない青汁の選び方を紹介していきますので、これから青汁を飲もうと思っている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

国内メーカーだけでもかなりの種類の青汁が販売されていますが、どの青汁にも栄養価の高い原料が入っている事がほとんどです。
具体的には大麦若葉や明日葉、ケール、クマザサなど、ほうれん草などの緑黄色野菜よりも高い栄養価のものが多く含まれています。

 

しかし、その代わりに飲みにくいとされているのが青汁ですが、選ぶ際には飲みやすい味のものがおすすめです。
毎日続けてこそ効果がある青汁なので、飲みやすいものを選ぶ事が何よりも大切で、継続の要となってくるでしょう。

 

次に、原料は国産のもの、無添加のものを選ぶ事が大切です。
たまに海外産の原料を使っている場合がありますが、やはり国産で無添加のものを選んだ方が安心できますよね。
また、栄養が壊れずにそのまま摂ることのできる非加熱処理のものを選ぶ事も大切です。
そういったものを選ぶ事でより高い効果を感じる事ができますし、飲み続ける意味も出てきますよね。

 

青汁の選び方の失敗例

青汁を選んだは良いものの、あまり効果がないといった方も多く見られます。
その原因はもしかするとあなたが選んだ青汁が優れた商品ではないからかもしれません。
どういった青汁を選んでしまうと失敗に繋がるのか、見ていきましょう。

 

数多くある青汁の中には、「飲みやすさ」だけを追求したものもありますが、そういったものの多くには、人工甘味料や砂糖がたくさん使われている場合があります。
確かに本来苦い青汁を甘くすると、美味しく感じて飲み続ける事ができるかもしれませんが、できるだけフルーツや他の野菜などの自然由来の甘みで飲みやすく感じられるものを選びましょう。

 

砂糖や人工甘味料を使うとどうしてもカロリーが高くなったり、糖分過多となってしまい、肥満や体の不調をきたしてしまう場合があります。
青汁のほとんどに大麦若葉・ケール・明日葉などが使われている事が多いですが、これらの原料が比較的豊富に含まれているものを選ばないと、青汁を飲んでいる意味がありません。

 

例えば大麦若葉は少しで、他の野菜やフルーツが豊富に含まれているものを選ぶと、青汁本来の効果を感じられない可能性があります。
大麦若葉・ケール・明日葉は野菜の中でも特に栄養価が高いと言われていますので、青汁を飲むならこれらが豊富に使われているものを選ぶ必要があります。

page top