青汁に含まれている栄養素にはどういった効果があるか?

青汁にはどういう栄養素が含まれているか?

健康にとても効果があると言われている青汁ですが、具体的にどのような栄養素が含まれているのか見ていきましょう。
青汁によって含まれている成分は異なると思われがちですが、どの青汁にも含まれている大麦若葉、明日葉、ケールなどの緑黄色野菜には特に多くの栄養分が含まれています。
これらにはカルシウム、鉄、亜鉛、ミネラル、ビタミン、食物繊維などが豊富に含まれているため、様々な健康効果はもちろん、美容にも効果があると言われています。

 

大麦若葉にはSOD酵素が多く含まれているため、生活習慣病を防いでくれる効果があったり、冷え性や貧血など女性特有の症状も防いでくれる成分が豊富に含まれています。
ケールと明日葉にも疲労の回復効果や免疫力UP効果、便秘の改善など様々な効果が期待できますが、他の緑黄色野菜に比べて含まれている栄養成分がとても多いので、青汁一杯を飲むだけで美容、健康効果が期待できますね。

 

また葉酸も豊富に含んでいる事から、妊娠中の方は積極的に飲んだ方が良い飲み物と言えるでしょう。
明日葉に関しては、ケールよりも食物繊維、ビタミン類、カリウム、鉄分等が1.2?2倍含まれているので、より高い効果を期待する事ができそうですね。

 

青汁に含まれている栄養素にはどういった効果があるか?

青汁によって期待できる効果は異なるかもしれませんが、青汁全般においてどのような効果があるのか、見ていきましょう。
青汁の主原料として使われる事が多い、大麦若葉、明日葉、ケールですが、これらには非常に優秀な成分が含まれています。
現代人のほとんどが野菜不足と言われていますが、その野菜不足を効率良く摂取できるのが青汁の魅力ですよね。

 

明日葉から見ていくとカルコンやクマリンが特に注目すべき成分で、優れたデトックス効果が期待できると言われています。
ダイエットやむくみ防止にも効果があるので、美容と健康の両面から効果があると言えるでしょう。
大麦若葉には抗酸化作用を持つSOD酵素が多く含まれているので、生活習慣病の予防やエイジングケアにも高い効果が期待できます。

 

ミネラルやカルシウム、鉄分も豊富に含まれているので、青汁を選ぶ際にはこちらが含まれているものにしましょう。
最後にケールですが、こちらには牛乳の2倍以上にあたるカルシウムが含まれているため、成長期のお子様にもぜひ摂取させてあげたいですね。
βカロテンはにんじんの2倍、その他ビタミンやルテインなども豊富に含まれているので、野菜の王様と呼ばれています。
生活習慣病を予防する効果が高いので、生活習慣の乱れを感じている方はぜひケールが含まれているものを選んでみてくださいね。

page top